うつ病の家族がいる場合の接し方

うつ病の家族がいる場合の接し方

家族にうつ病患者がいる場合の接し方は
どうすればいいのでしょうか?

 

家族だからこそ余計に励ましたくなる気持ちは分かりますが、
励まし言葉はNGです。

 

 

実は、一番の接し方は

 

「普通に接する」

 

ということです。
やたらと心配したり気にかけたりすると、
逆に負担をかけることになりかねません。

 

それよりは
「あなたがうつ病だろうがそうでなかろうが、あなたはあなた」
というぐらいのおおざっぱな?
感覚でいたほうがいいです。

 

 

ただし、無関心というわけではないですよ。
観察はしっかりして下さい。

 

「私さえいなくなれば」

 

とか、最悪の場合自殺してしまうのもうつ病のこわい
ところですから。

うつ病の家族がいる場合の接し方関連ページ

職場でのうつ病の接し方
職場にうつ病患者がいる場合の接し方
うつ病 接し方 言葉
うつ病患者へ接する上で言ってはいけない言葉など。